HOME | 全記事一覧
私のイチオシ☆キレイになれるアイテム紹介


■ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリーム
無添加成分でもしっかり保湿してくれます。
植物の豊かな生命力を頂いて手のアンチエイジングしましょう。
アロマの香りに癒されますよ(o´∀`o)
ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリームのレビュー

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長距離夜行バスを快適に過ごす方法。お尻が痛くなる、首が痛くなる、眠れないを解消するグッズを紹介。

2014.10.15
最近、ブログの更新をだいぶ怠っていました。
でも、飽きて怠けていた訳ではないんです。

いま私は、エネルギッシュでパワフルで、情熱がほとばしっている状態です!!
新しい自分の引き出しを増やしたくて、9月から、いろんな分野のセミナーに行きまくっています!
休日はセミナーに行くことにあてているため、ブログにまで手が回らなくなってしまっていました。
更新が止まっているのに、コメントやメッセージを送って下さった方々、ありがとうございます。とってもうれしかったです(*´∀人)ァリガト

私は地方の田舎に住んでいるため、なかなか受けたいセミナーが地元で開催されません。
そこで、地方から東京まで移動して、セミナーを受けるのですが、なるべく交通費にお金をかけたくないので、格安の高速バスをよく利用します。

でも料金が格安であるほど、、、
移動時間がかかる。
ソファが硬くてお尻が痛くなる。
座席の幅が狭くて、首の座りが悪くなり、首が痛くなる。
まわりの音や光が気になって、眠れない。など。

極悪な環境に耐えながら、長時間、座り続けなければなりません。

そこで、私が実際に使って効果を実感した長距離バスを快適に過ごすアイテムをご紹介します。


↓美意識を高める情報は、こちらを参考にしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長距離バスを快適に過ごすアイテム 3選

■無印良品のネックピロー

このクッションはビーズクッションになっていて、首に巻くとほどよいホールド感が、不安定なバスの座席でも、しっり首を支えます。
バスで寝る時、実は手も置きどころがなくて、肘あてに置いてみたり、お腹に置いてみたり、腕を組んでみては、しばらくしてスポーンと手が緩んで起きてしまったり、なかなか定位置が決まらず、寝付けないことがあります。
このネックピローのホックを首の前で止めて、片手で下に引っ張ることで、さらに首が安定し、手も支えられて、さらに寝やすくなります。

さらにおすすめの使い方は、腰・お尻用にこのネックピローを使うことです。
バス会社にもよりますが、格安のバスほどソファが硬く狭いです。長時間座っていると、お尻の尾てい骨の辺りが痛くなり、座席で何度ももぞもぞ体勢を直して、なかなか寝付けなかったりします。
このネックピローを伸ばして腰やお尻に当てると、ほどよい弾力がフィットして、痛くなるのを軽減してくれます。

腰が痛くなることの原因は、腰の姿勢にあります。
座席を倒して座ると、楽な姿勢で座っていると思いがちですが、本来自然な姿勢である腰のS字カーブと反対の姿勢を長時間とっているので、腰が痛くなるのだそうです。
ソファと腰やお尻の間に、ネックピローを挟んで、自然なS字カーブを保ち、痛みを軽減しましょう。


このネックピローの難点は、荷物がかさばってしまうことです。
もし気になるようでしたら、バス到着後にコインロッカーに入れて、荷物を少なくしましょう。


■100円ショップのエアー枕

お試しで使うにも100円ショップはあなどれません。
ネックピローとして使っても、なかなかよく首を支えてくれますし、お尻や腰の間に挟んでクッションとして使えます。
お尻に敷いても、よほど無理な力を加えなければ破れる事はありません。
コツはパンパンに空気を入れずに、少し余裕を持たせることです。

100円ショップのエアー枕の利点は、空気を抜いて持ち運べることですね。
荷物は軽く少ない方が良いので、空気を抜くと薄くなり畳めるエラー枕はおすすめです。


長距離バスでは、首用とお尻用に、2つクッションを用意することをおすすめします。


■音楽プレイヤー

長距離バスは、長時間、密閉された空間にいることになるので、暇がつぶせるものを考えなければなりませんね。
そこでおすすめなのが、音楽プレイヤーです。
好きな曲を入れておけば、長時間でも気が紛れます。
深夜バスで目が覚めて寝付けない時に、リラクゼーション系の曲を聞く事で、眠りやすくなるとういう利点があります。
また、まわりの音が気になって寝付けない場合も、音を出さない状態でイヤホンだけしているだけでも、かなりまわりの音を遮断できるので、耳栓代わりにもおすすめです。

私のおすすめは、SONYのWALKMANです。
音質がキレイなだけでなく、イヤホンからの音漏れがほとんどないのが、とってもイイです!
実は、ものすごく小さい音で聞いていても、夜行バスのシーンとした中では、結構他の人のイヤホンからの音漏れが気になるんです。
でも、WALKMANの付属のイヤホンは、耳にしっかりフィットするし、音漏れがほとんど気にならないので、リラクゼーションの曲を聞きながら寝てしまっても、まわりの方の迷惑になりません。



その他、あると便利なもの

■アイマスク

夜行バスで、まわりの人のスマホのバックライトの光が気になって眠れない。
昼間の長距離バスで、日中の明るさで寝たいのに眠れない。ということがあります。
そんな時にアイマスクを持っていれば、真っ暗な中で、快適に眠ることが出来ます。

私のおすすめは、無印良品のアイマスクです。
柔らかい布地が目の周りにしっかりフィットして、隙間からの光がほとんどありません。
しかも頭に巻くタイプなので、耳が痛くなることがありません。

また、帽子をかぶる予定の方は、帽子でアイマスクの代用が出来ます。


■大判のストール

バスの中は結構空調の温度に差があります。
私の経験上、暑過ぎるということはあまりなく、冷房が効きすぎて寒いことが多いです。
そんな時に、大判のストールを1つ持っていると大変役立ちます。
膝かけ代わりにすることもできますし、肩から掛けてポンチョとして防寒することもできます。
首に巻いてネックピロー代わりにすることも出来ますし、お尻の下に敷いてクッション代わりにもできます。
バスから降りたら、オシャレに首に巻いておけるので、1つあると大変便利です。


■大きめのバンダナ(風呂敷)

バス会社によりますが、レッグレストやフットレストがない格安のバスがあります。
レッグレストとは、座面の前側に収納されているものを跳ね上げてふくらはぎを上げる装備です。
フットレストは靴を脱いで足を乗せる装備です。
このレッグレストやフットレストがないバスの乗り心地は最悪です。
足が必ずムクんで痛くなるし、お尻にも負担がかかるため、お尻も痛くなり、移動中何度も体勢を変えるため、寝付けなくなります。

そこでおすすめなのが、風呂敷ぐらいの大きいバンダナです。もちろん風呂敷でもOKです。
私はちょうど頂き物のかわいい感じの風呂敷がありましたので、それを使っています。
このバンダナを三角に半分に折り、座席の前に備え付けられている荷物入れなどの体重を掛けても壊れないところにバンダナをつるします。そこに足を掛けて、足用のハンモックの出来上がりです。
足の位置が決まり、足を高くすることでムクミを軽減し、快適に眠ることが出来ます。
(注意)バスの設備を破損しないように気をつけて下さい。

もし、荷物の上に足を乗せるのに抵抗がなければ、座席の下にバックやキャリーケースを置いて、その上に足を乗せることで、疲れが軽減できます。


■バスで使う物のみを入れる小さめのバック

バスに乗ってから、大きな荷物からネックピローを出したり、休憩の度にお財布を出したりというのは、手間がかかる上に、結構まわりの迷惑になります。
バスの中で使うものだけをひとまとめにして小さいバックに入れ、座席の前のフックにかけておけば、すぐに取り出せるし、休憩時間に出かける時も、そのバックだけ持って行けばいいのでラクチンです。


長距離バスを快適に過ごせれば、旅費の大幅な節約になり、お得ですよ(*^∀゚)ъ
ぜひ試してみて下さい。


旅行先で便秘になりやすい方は、メタバリアNEOで腸内環境を整えておけば安心♪
メタバリアNEOのレビュー



↓あなたの応援クリックが更新の励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

☆とうこのおすすめアイテム☆
アイムピンチ美容液アイムピンチのレビュー一刻も早くたるみを改善したい時の救世主 すっぽん小町すっぽん小町のレビュー体の不調の改善を即実感☆コラーゲンもたっぷり入ったサプリ HANAオーガニックUVミルクウェアルーUVのレビュー乳液なのにリキッドファンデ並みのカバー力を持つ日焼け止め メタバリアNEOメタバリアNEOのレビュー糖の吸収をブロックし、体内の脂肪を燃焼しやすくするサプリ


コメント

管理者のみに表示
« 前の話へ | HOME |  次の話へ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。