HOME | 全記事一覧
私のイチオシ☆キレイになれるアイテム紹介


■ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリーム
無添加成分でもしっかり保湿してくれます。
植物の豊かな生命力を頂いて手のアンチエイジングしましょう。
アロマの香りに癒されますよ(o´∀`o)
ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリームのレビュー

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販の合成シャンプーの怖さ。

2014.06.08
普通にお店で買えるシャンプーって、実は怖い成分でできていたのです。

以前、市販の日焼け止めの怖さについてお話ししましたが、
今回は、市販のシャンプー(合成シャンプー)の
怖さについてお話しします。


↓美意識を高める情報は、こちらを参考にしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テレビCMでもよく宣伝されていて、
あの有名な女優も使っているのなら、私の髪もつややかになるハズ!

お店でもよく置かれていて、
地肌をすこやかに保つ、美容成分がじっくり髪に浸透、
補修成分で髪の芯まで輝きをはなつ
…なんて書いてあるから、効果があるハズ!

と、今まで市販のシャンプーを買っていました。

なにより、しっとりやさらさら、ダメージヘア用、値段の違いはあっても、
お店で多くの人が普通に買えるシャンプーに
体に悪い成分が入っているハズがないと思っていました。
(だって、みんなが使っているんだもの…)

でもその認識は甘かったのです。

テレビCMでよく見るシャンプーって、合成シャンプーなんです。


合成シャンプーの怖さ

合成シャンプーとは
その原料は、台所用洗剤と同じ合成界面活性剤でできています。
洗うものが髪とされている以外、
感触と香りとイメージ(パッケージ)が違うだけで、
成分は台所用合成洗剤と同じなのです。


界面活性剤とは
界面とは、表面のことで、2つの性質の異なる物質の境界面のことを指します。
界面活性剤は、本来混ざらないもの(油と水など)を混ぜて、
乳化させる役割をするもののことです。
汚れと水を混ぜて、乳化して洗い流すためには、界面活性剤が不可欠なのです。

界面活性剤には、
天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」の2種類があります。


天然界面活性剤の成分は、
脂肪酸ナトリウム脂肪酸カリウムなどのいわゆる「石けん」成分です。
(純石けん分、石けん素地と表示されている場合もあります)
石けんは、石けん以外の合成界面活性剤と違い、
水で薄まると界面活性作用を失うという特有の性質を持っています。
石けんが、地球や環境に優しいと言われているのは、
水に溶ければ、界面活性作用を失って、
生き物にとって安全なものになって、流れていくからです。

ちなみに、石けんは、動植物の油脂(脂肪酸)をアルカリで煮たものです。

脂肪酸ナトリウムは、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を煮たものです。
ソーダ石けんともいわれます。固形や粉の石けんになります。

脂肪酸カリウムは、水酸化カリウム(苛性カリ)を煮たものです。
カリ石けんともいわれます。液体の石けんになります。


合成界面活性剤の成分は、
石けん成分以外のものです。
石油を原料としていて発ガン性物質、環境ホルモンなどの有毒な成分
たくさんあったり、
植物由来の成分でも、ヤシ油が原料のラウリル硫酸ナトリウムは
強すぎる洗浄力で、皮膚をバリアーしている皮脂を溶かし去り、
皮膚に必要以上の刺激を与えます。

それでも、「植物由来成分配合」とか「天然エキス配合」など、
髪に優しそうな文句がつけられるのです。

また、強すぎる洗浄力で髪が傷んでしまうので、
髪をコーティングするシリコンで、偽りの艶を出し、
合成ポリマーで、偽りのつるつるとした手触りをつけて誤魔化しています。

過去に厚生労働省で使用禁止成分とされていたり、
毒性が強く、体内に蓄積しやすかったり、
皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす成分

合成界面活性剤の中にあります。


主な(危険な)合成界面活性剤、化学物質

ラウレス硫酸ナトリウム(Na)、ラウレス-23
ラウリル硫酸ナトリウム(Na)、ラウリル硫酸アンモニウム、
ポリオキシエチレンラウリル硫酸アンモニウム
○○硫酸
ジンクピリチオン液
高重合メチルポリシロキサン
メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン液
キシレンスルホン酸アンモニウム液
スルホン酸、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、TEA
安息香酸ナトリウム

パラベン
シリコン
○○ポリマー
香料
着色料
ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液
ベンジルアルコール
ジメチコノール
カルボマー
メチルイソチアゾリノン
ジメチコン、ジメチコノール、ジメチコンポリオール
シロキサン
シクロメチコン
ヒートケラチン、
ジメチコンクロスポリマー など
※赤字は特に危険といわれている合成界面活性剤です。

試しに、お持ちのシャンプーの裏面を見て下さい。
上記の危険な合成界面活性剤が入っていませんか?




合成シャンプーが流通している理由

なぜ、こんな危険な成分を入れて販売するのでしょう?
しかも、テレビのCMで宣伝している大手のメーカーのものでも
危険な成分を堂々と入れています。
実は、それほど危険ではないのでしょうか?


いいえ、すべては企業利益のためなのです。

テレビで宣伝をすれば売れやくなるので、巨額の費用が必要となります。
天然界面活性剤のみを使用した製品は、安全ですが原材料が高くなります。
合成界面活性剤は、天然界面活性剤よりコストが大分安くすみます。
商品単価が安ければ売れやすいので、
原材料費を安くすればするほど利益が出ます。
髪を傷め、体に害を与える合成界面活性剤を使用しても、
シリコンや合成ポリマーで誤魔化せます。

合成界面活性剤を使用した方が、
使用感がよく、即効性を感じるので、消費者はだまされやすいのです。


残念なことに、よく宣伝で目にするシャンプーやリンスほど、
危険なものが入っているようです。

私が、以前使っていたシャンプーの成分を見てみたら、
ばっちり「○○硫酸」と書かれた成分が、
成分表の上の方に記載されていました。

冷静に考えれば、硫酸という名前で、安全性に疑問を持つべきでした。

テレビCMやメーカーのブランド名に
騙されていたのです!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!



使用してすぐ重大なダメージは受けないかもしれませんが、
私は、わざわざ髪や体に悪い成分を使う必要性を感じません。
もう市販のシャンプーは信用しないと誓いました。



ちょっと私も自分のシャンプーの成分見てみよう!と思われたら、
クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村

☆とうこのおすすめアイテム☆
アイムピンチ美容液アイムピンチのレビュー一刻も早くたるみを改善したい時の救世主 すっぽん小町すっぽん小町のレビュー体の不調の改善を即実感☆コラーゲンもたっぷり入ったサプリ HANAオーガニックUVミルクウェアルーUVのレビュー乳液なのにリキッドファンデ並みのカバー力を持つ日焼け止め メタバリアNEOメタバリアNEOのレビュー糖の吸収をブロックし、体内の脂肪を燃焼しやすくするサプリ


コメント
Re: No title
ふじやまのぼるさん、いらっしゃいませ。

歯磨き粉も直接口に入れるものなので、
要注意ですよね。

まだそちらは調べておりませんでした。
最近、あまり歯磨き粉を使わないので…(^^;)

お越しいただき、ありがとうございました。
No title
とうこさん

どうも^^
おじゃましにきました。

合成ものは、何かといろいろありますね。
歯磨きにもおなじようなものがあった気がします。
おーこわ。

管理者のみに表示
« 前の話へ | HOME |  次の話へ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。