HOME | 全記事一覧
私のイチオシ☆キレイになれるアイテム紹介


■ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリーム
無添加成分でもしっかり保湿してくれます。
植物の豊かな生命力を頂いて手のアンチエイジングしましょう。
アロマの香りに癒されますよ(o´∀`o)
ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリームのレビュー

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が過去に4か月で9キロ痩せた方法と、その落とし穴。

2014.07.01
個人的に、夏までに急がなければならないもの、
第4弾。それは・・・
ダイエットです。

第1弾、日焼け止めをGETする。
 →HANAオーガニックの日焼け止めのレビューはこちら。
 →I'm PINCHの日焼け止めのレビューはこちら。
第2弾は、春アスパラガスを食べる。
 →記事はこちら。
第3弾は、カゴバックと麦わら帽子をGETする。
 →記事はこちら。


本格的に暑くなり、もう厚着の長そでで隠せなくなってきました。
ちょうど今日から7月です。
7月から夏の間に、なんとか薄着でも許されるレベルまで、痩せたいと思います。


私は、ここ4年間で18キロも太ってしましましたが、その間何もしなかったわけではありません。

そこで、私が4か月で9キロ痩せることが出来たダイエット方法があります。
効果的なダイエット方法と、その落とし穴についてお話します。


↓美意識を高める情報は、こちらを参考にしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


その頃の私は、炭水化物を食べると眠気が襲い、3~4時間後に必ず動悸や冷や汗、手に力が入らない状態になっていました。いわゆる低血糖症状です。

まだその頃は、低血糖症の認知が低く、病院で血液検査をしても、空腹時の血糖値は正常なので、原因がわからないと言われてしまっていました。
肉体労働だったので、疲れだろうと診断されました。

それでも症状が改善せず、日常生活に支障がでるので、自分なりにネットで調べて、私の症状が低血糖症と同じであることにたどり着きました。


そこではじめたダイエット方法で、4か月で9キロ痩せることが出来ました。
その方法をご説明します。
私が4か月で9キロ痩せたダイエット方法

■スーパー糖質制限
■30分のジムでのサーキットトレーニング

この2つです。


■スーパー糖質制限
これは、京都の高雄病院のドクター江部康二さんが提案する食事方法で、1日3食食べてOK。でも1食の糖質量を20g以内にするというもの。

簡単に言うと、太る原因は糖質による血糖値の上昇にあり、血糖値が上がらなければ、体内の脂肪を燃焼するのです。
血糖値を上げるのは、糖質だけであり、脂質・たんぱく質は血糖値を上げないため、炭水化物以外の食べものなら、極端に食べすぎなければなんでも食べてもOKです。

そして、江部先生によると、1食の糖質量を20gに抑えれば、痩せることができるそうです。


■ジムでの30分のサーキットトレーニング
スーパー糖質制限に加えて、有酸素運動と無酸素運動を行う事で、脂肪燃焼のスピードが早まりました。

私は女性専用のサーキットトレーニングジムに通いました。
サーキットトレーニングは、30秒ごとに、筋トレと有酸素運動を交互に行います。

サーキットトレーニングの良い所は、
・疲れづらい。
・体中の筋肉を効率よく鍛えられる。
・曲に合わせてリズミカルに続けられるので飽きない。
・円になって、30秒ごとに次のマシーンや有酸素運動用ステップボードに移動しないと、次の人が来てしまうので、良い意味で、終わるまでやめられない。
・女性専用だったので、人目を気にせず通える。

たった30分しか運動しなくても、とても体全体が鍛えられていくのを実感しました。
飽き症な私でもよく続きましたよ♪



スーパー糖質制限とサーキットトレーニングの2つのダイエットを組み合わせることで、1ヶ月目で5キロ、それから毎月1キロぐらいづつ減量する事が出来ました。

糖質制限のおかげで、低血糖症状もなくなり、お腹のガスもなくなって、お腹がペタンとしました♪



そんな健康的で、ものすごく効果の高かった2つのダイエット方法ですが、落とし穴があったのです。
ダイエットの落とし穴

■糖質制限の性質による落とし穴
糖質を摂取する事で太るメカニズムを知り、厳しい糖質制限をしていたのですが、ある日痩せなくなりました。
糖質量を計算して、20g以内に抑えているのに、痩せないのです。

あとで知ったのですが、糖質制限をすると、太っている人は痩せ、痩せている人は太るのだそうです。
つまり、標準体重にしてくれる健康的な食事法だったのです。

私が痩せなくなった頃は、BMI値で計算すると、21.98…です。

BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
BMI値は、「22」が標準とされています。

数字で体が判断しているわけではないと思いますが、標準体重になったあたりで、何をしても痩せなくなりました。

そこで停滞期だと思って筋トレを増やしたりすれば良かったのでしょうが、痩せないとモチベーションが上がらず、痩せないのに、大好きな炭水化物を我慢することが出来ず、スーパー糖質制限をやめて、少しずつ糖質量が戻っていったら、リバウンドしてしまいました(;_;)


■糖質制限食の落とし穴
糖質制限は低血糖症状が深刻になり、命の危険を感じたので、必死になって、毎食糖質量20gを守れましたが、低血糖症状が出なくなると、途端にその厳しさに挫折してしまいました。

まず、食べるものが限られてきます。
たくさん糖質制限食のレシピは発表されていますが、料理が得意ではないので、やはりレパートリーとして思いつくのは糖質をたくさん含んだ料理です。
慣れていないので、毎回の食事の度に、糖質量表をチェックしなくてはなりませんでした。
お弁当を持っていくのも、ご飯が入れられないので、いつも悩まされました。

低糖質な物は値段が高いです。お肉や、野菜、ナッツ、チーズなど、どうしても食費が高くなります。
反対に糖質のたくさん入っているものは、値段が安いです。おにぎりやスナック菓子など。

人から、「主食食べないの?」と毎回聞かれ、説明に困ります。
お昼休憩などに毎回いろんな人に聞かれ、誤魔化すのも、きちんと説明するのも、疲れます。
きちんと説明しても、血糖値で悩んだことのない人には、「ちゃんとご飯食べなさい」と注意されてしまいます。

私の家はお米を作っているので、家族から白い目で見られました。
自分の家の物を食べず、わざわざ買ってきたものを食べる自分に、罪悪感を感じました。

そして、なにより、私自身がお米やおせんべいなどの炭水化物が大好きなのです。
命の危険がなければ、やはり誘惑に負けてしまいました。


■サーキットトレーニングの落とし穴
サーキットトレーニングは、全身の筋肉を鍛えられる、とても効果のあるトレーニングだと思います。
ただ、私の家の近くにあるサーキットトレーニングジムは、どれも平日のみで、夜の7時までなど、時間にかなり制限があるため、残業が増えると行けなくなりました。
毎回プロティンドリンクを勧められるのも疲れてしまい、辞めてしまいました。



糖質制限もサーキットトレーニングも、どちらも減量効果のある素晴らしいダイエット方法だと思います。
しかし私のように、だらけた生活が板についている人がすぐに改善することは難しく、停滞すると、途端にいつもの生活パターンに戻り、結果リバウンドしてしまいました。


今後は、この成功と失敗を踏まえて、新しいダイエット計画を立てます。


↓美意識を高める情報は、こちらを参考にしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

☆とうこのおすすめアイテム☆
アイムピンチ美容液アイムピンチのレビュー一刻も早くたるみを改善したい時の救世主 すっぽん小町すっぽん小町のレビュー体の不調の改善を即実感☆コラーゲンもたっぷり入ったサプリ HANAオーガニックUVミルクウェアルーUVのレビュー乳液なのにリキッドファンデ並みのカバー力を持つ日焼け止め メタバリアNEOメタバリアNEOのレビュー糖の吸収をブロックし、体内の脂肪を燃焼しやすくするサプリ


コメント

管理者のみに表示
« 前の話へ | HOME |  次の話へ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。