HOME | 全記事一覧
私のイチオシ☆キレイになれるアイテム紹介


■ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリーム
無添加成分でもしっかり保湿してくれます。
植物の豊かな生命力を頂いて手のアンチエイジングしましょう。
アロマの香りに癒されますよ(o´∀`o)
ボタニッシュエール モイスチャーハンドクリームのレビュー

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタやパンの太らない食べ方。

2014.08.11
ダイエットしたいけど、パスタやパンの誘惑に逆らえないという方。
でも我慢しすぎるのは、逆にストレスが溜まって、吸収がよくなったり、過食になってしまったりするので、我慢することなく好きなものを食べられるようになりたいですね。

パスタやパンだけの食事は太りやすいですが、次にご紹介するものと一緒に食べれば、パスタやパンをおいしく楽しみながらダイエットできますよ。

ご自身も20キロのダイエットに成功し、テレビでもよく見かける、管理栄養士の伊達友美先生の「パスタやパンの太らない食べ方」をご紹介します。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


日本人は米が合っている?

日本人は近年急速にお米を食べなくなりました。代わりに、パンや麺類の消費が増えました。和食より洋食が多くなったのです。
日本人やアジア人は、もともと欧米人と比べて、中肉中背か痩せ型の人が多い傾向にありましたが、和食から洋食を食べる比率が多くなると、日本人の肥満の人の割合が増えてきたのです。
和食の基本は、「ごはん、みそ汁、おかず」です。この伝統食は、日本人の体質に合っており、この基本の食事に、旬のものを加えて美味しく食べていれば、基本的に太らないそうです。そして太っている人も、この基本の食事をとるようにすれば、痩せていくそうです。


なぜパスタやパンは太る?

お米もパンや麺類もおなじ主食なのに、なぜ日本人には太りやすいのでしょうか?

1.日本人はグルテンを消化しづらい
和食が日本人の体質に合っていると上でお話しましたが、日本人と欧米人とどう違うのでしょうか?
パンやパスタは小麦粉から作られています。
小麦粉にはグルテンという、たんぱく質成分が入っていますが、欧米人に比べ、日本人はこのグルテンを分解・消化しづらいのです。
小麦粉を食べる習慣は戦後に入ってからなので、小麦粉を消化する機能が発達していないためでしょう。
消化できない分は腸内にたまり、腸内環境が悪くなります。腸内環境が悪くなると、太りやすくなります。


2.小麦加工食品は、質の悪い油を使用しやすい
パンというより、お菓子やスーパーの揚げ物に関してですが、
小麦を使ったお菓子などは、トランス脂肪酸などの質の良くない油が使われやすいです。スーパーの揚げ物には、使い古した油で揚げられていたりして、胸やけを起こす人もいます。
質の良くない油はそれだけで太りやすいですし、腸内に悪玉菌を増殖させ、腸内環境を悪くしたり、体が冷えやすくなり、太りやすくなります。


3.パンは単品で食べやすい
パンは単品でも食べることが出来るので、時間やお金がない時は食パンだけで済ませるという人もいるかと思います。
パンだけだと血糖値が急激に上がりやすくなります。血糖値が急激に上がると肥満ホルモンであるインスリンが多量に分泌され、太りやすくなります。
これは、パンだけでなく、おにぎりだけでも当てはまりますので、気をつけたいですね。


では日本人は、パンやパスタは食べない方がいいのでしょうか?
我慢するという食べ方はストレスがたまるのでよくありません。
食べ方に気をつければパンやパスタもおいしく食べられますので、次の食べ方を試してみて下さい。

伊達友美先生が教える、パスタやパンの太らない食べ方

①油と一緒にとる
良質な油と一緒にとることで血糖値が上がりづらくなります。血糖値が上がりづらければ、太りづらくなります。
○パンにバターを塗る。
○バターが多く入っているクロワッサンを選ぶ。
○パスタにオリーブオイルを加える。

②酢と一緒にとる
酢も血糖値の上昇をゆるやかにします。
○パンと一緒に酢を使ったドレッシングをかけて食べる。
○パスタにバルサミコ酢やタバスコ(酢が入っているため)を加える。

③たんぱく質と一緒にとる
たんぱく質をとることで血糖値が上がりづらくなり、ダイエットに必要な筋肉や血液の材料となり痩せやすい体が作られやすくなりますので、ぜひ取り入れて下さい。
○パンと一緒に、卵やツナなどを食べる。
○パスタは、シーフードの入ったボンゴレやペスカトーレ、カルパッチョや生ハムなど、たんぱく質のとれるものと一緒に食べる。

④食物繊維と一緒にとる
キノコ、海藻、キャベツ、コンニャクなどの食物繊維をとることで血糖値を上がりづらくし、太りづらくなります。
食物繊維で便通が良くなれば、ためない痩せやすい体になりますね。
○パンにトマトやキャベツをはさんで食べるか、サラダを一緒に食べる。
○キノコや海藻を含むパスタを選ぶ。

⑤温かい汁物を一緒にとる
温かい汁物は、胃の出口をキュッと締めて、満腹感を高めます。
また、小麦は体を冷やして肥満を招く性質がありますので、温かい汁物はその弱点をカバーします。
○温かいスープと一緒に食べる。

以上の5つのポイントは、血糖値を急激に上げないことですね。
この食事法を取り入れれば、パンやパスタを食べても太る心配はないそうです。

ただし、日本人は基本的に米の和食が体質的に向いているので、
日々の食事は、ご飯をベースにした和食にして、パンやパスタは時々のたのしみにするのが、ダイエットにも健康にもよいようです。


くれぐれも、我慢して食べないといった、ストレスが溜まる食べ方はしないでください。
ストレスが一番太る原因です。




↓あなたの応援クリックが更新の励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

☆とうこのおすすめアイテム☆
アイムピンチ美容液アイムピンチのレビュー一刻も早くたるみを改善したい時の救世主 すっぽん小町すっぽん小町のレビュー体の不調の改善を即実感☆コラーゲンもたっぷり入ったサプリ HANAオーガニックUVミルクウェアルーUVのレビュー乳液なのにリキッドファンデ並みのカバー力を持つ日焼け止め メタバリアNEOメタバリアNEOのレビュー糖の吸収をブロックし、体内の脂肪を燃焼しやすくするサプリ


コメント

管理者のみに表示
« 前の話へ | HOME |  次の話へ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。